2007年06月02日

トーキョー急行

ぼちぼちと完成画像を。
画像-1545.jpg
画像-1548.jpg


えーと、サニーの144バックファイヤです。リサイクルショップで発見して作ってみました。インテイクが単純な形状なのでM2型をモデライズしたものと思われます。(現行型のM3はインテイクがF−15みたいな形になりやす)
元はどこの金型なのか、いつ頃売ってたのかも判りませんが、ペレストロイカ以前に出たキットならかなり頑張ってる部類だと思います。似てます(*´Д`)

ディテールの点で3×3で片側9個ある補助インテークが6個しかモールドされてなかったり、機首まわりがつんつるてんなのでその2箇所だけ世傑を参考に彫りなおしてます。

翼も動くYO!
画像-1546.jpg画像-1547.jpg

可変翼、後部銃座、主武装がでかいミサイル1発etc…男のロマン濃度の高い飛行機でございます。
画像-1552.jpg
対艦バージョンのkh-22の弾頭は800キロの成型炸薬だそうで…こんなんで飽和攻撃されたら恐ろしいですナ


うーむ、144もなかなかいいもんですねぇ。
大型機はこのスケールで作るのが楽しいかも!
posted by 蝙蝠山 at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成オメデトウございます。
かっこええですねぇ!
この系列のソ連の陸攻は好きですよ。
マジでこんなミサイルの飽和攻撃はオソロシイですね。数発に1発の割合で戦術核まで混ぜられた日には…
Posted by 躍人 at 2007年06月02日 23:30
こんばんわー躍人さん。感想ありがとうございます。

陸攻ってのが妙にツボにはまってカッコイイ言い回しだなと思いました(*´Д`) 確かに陸攻ですが。

>>こんなミサイルの飽和攻撃
維持費が高くて大飯喰らいのF-14が文句言われながらも就役し続けたのは、実際のとこ「ミサイル撃たれる前に母機を堕とす」しか対処方法が無かったからでは…と妄想してますヨ(・ω・)
Posted by 蝙蝠山 at 2007年06月03日 21:55
ご無沙汰してます。
サニーってこんな渋いのも出してたんですね。
どっかから再版されてないかなぁ。
こういう爆撃機は144でいいと思います。
トラペのベアーが欲しかったのですが、高すぎて止めました。
なんであんなに高いんだろう...
Posted by しまちゃん at 2007年06月05日 17:16
こんばんわーしまちゃんさん。お久しぶりです&感想有難うございます。

>>トラペのベアー
ありましたね〜(*´Д`)
自分もキットが出た時は…気になりつつも常駐スケールじゃない事と、しまちゃんさんの仰る通り値段がアレすぎたんでスルーしましたが、この手の機体は結構ボリュームがあると判って購入を再検討しています(…それでも最近の喇叭はボりすぎだと思いますがw)

模型店のセールとかオクとか狙うのがいいかもしれませんね…

Posted by 蝙蝠山 at 2007年06月06日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。