2007年08月05日

戦闘犬

阿久悠、カールゴッチと昭和の偉いシト達が次々と亡くなってしまい、とても寂しいス(´・ω・`)
しかし全国高校サッカーのテーマ(ふーりむくなよーふりむくなよー♪のあの歌)まで阿久悠の作詞だったとは思わなんだ…


画像-1646.jpg

ビューテー戦車(しつこい)が大分戦車っぽくなってきました。塗りながら組んでますYO!
キャタピラ…は薄く作られ、合いもまずまずなんです誘導輪のガイドがかなりいい加減だったので調整が必要でした。

車体上部のグリルは最初金属製のメッシュに置き換えたのですが、出来てみるとかなり手作り感タップリの物になったので、涙を飲んでキットのパーツに変えてます。('A`)
換装前↓
画像-1644.jpg

こういう精度を求められる工作は苦手ですorz
posted by 蝙蝠山 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難物のBT、完成が近づいてきましたね。
僕も何とかせねば。
このキット、キャタピラの出来が妙にいいですよね。
イースタンのキットって、局地的に気合の入ってる部分があって不思議です。
完成楽しみにしてます。
カール・ゴッチ、懐かしいなぁ。
昔のプロレスで特に彼みたいなレスラーの試合って妙に紳士的でしたよね。
どんなに攻めててもロープに触れると、パッと手を離したり。
んで、観客もそのフェアさに拍手送ったり。
古きよき時代のプロレスでした。
でも、馬場VSサンマルチノの試合とか地味だったなぁ...
Posted by しまちゃん at 2007年08月06日 09:02
こんばんわーしまちゃんさん。
>>局地的に気合の入ってる部分
あー、ありますね^^東欧キットの常で、情熱に成型が追いついてない部分もありますが…。
イースタンのキットは実車のメカニズムが判り易いパーツ分割なので好きです。

カールゴッチは80過ぎても生活全てがトレーニング、みたいなイカした爺さんでした。
普段のファイトスタイルはちょっと地味にも見えましたが、決める時は決める人だったと思いマス。

なんせアンドレにジャーマン決めた人ですから(((;゚Д゚)))ガクブル  
Posted by 蝙蝠山 at 2007年08月06日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。